コピー用紙

コピー用紙

コピー用紙は、コピー機で一般的に印刷紙として使用されている用紙のことです。印刷としての品質は低いですが、比較的安価なので、大量消費する用紙としてはうってつけです。また、コピー機をはじめ、インクジェットプリンター・熱転写プリンター・レーザープリンター・普通紙用ファクシミリなど、さまざまなプリンターで使用することが可能なため、それぞれの用紙として活躍しています。主に文書関連の印刷において使用され、PPC複写機においては普通紙とも呼ばれ、用紙の基本形として広く受け入れられています。普通紙は、感熱紙ではない紙のことを表します。

メリットは、価格が非常に安価なことから、オフィス業務用・家庭用に大量に購入することができること・コピー機をはじめ、インクジェットプリンター・熱転写プリンター・レーザープリンター・普通紙用ファクシミリなど、さまざまなプリンターで使用することが可能なことが挙げられます。

デメリットは、印刷としての品質が低いため、文書を印刷する分には大きな問題はないものの、画像の印刷には不向きであること・メーカーによって厚みがバラバラで、別メーカーのコピー用紙を混同させた場合、紙詰まりを起こす可能性があることなどが挙げられます。

    Copyright(C) 知っといて得するコピー機 All Rights Reserved.