コピー物の著作権

コピー物の著作権

コピーしたいものが本の一部など、著作権の問題が生まれるものの場合、その利用仕方に注意しなければなりません。間違った利用をし、著作権を侵害して版元から訴えられれば罪に問われる可能性もあります。著作権のあるものをコピーして、版元の許可を取らず、無断で配布や販売をすることは、著作権法において禁じられています。

ただし、一部に例外事項もあり、例えば学校における授業の範囲で利用される資料や、個人・家族だけが楽しむ範囲としてなら、いくらでもコピー・配布をすることが可能です。コピーの配布や販売は、版元や著作権所有者の許可が必要ですが、その手続きを簡単にするために、日本複写権センター(コピーの権利を管理、また使用料を徴収し、権利者に分配する業務を行う公益社団法人)にその業務を委託したりするなどの場合もあります。

そして、贋金として作られる紙幣、小切手などの財産価値を持つ有価証券をコピーすることも禁じられています。この場合、学校における授業の範囲で利用される資料や、個人・家族だけが楽しむ範囲であったとしても、本物と紛れる可能性もあるため、作成自体が厳しく取り締まられています。しかし最近では、紙幣をコピーしようとしてもできないコピー機が増えてきています。

    Copyright(C) 知っといて得するコピー機 All Rights Reserved.