リース契約とレンタル契約

リース契約とレンタル契約

リース契約は、コピー機などのオフィス機器導入の際に、一般的にされる契約方式です。リース契約サービスを提供する企業が、コピー機をリース契約を希望する企業に貸し出すことを指します。コピー機を導入したい企業が、自分で機器を購入することなく、賃貸で導入できる契約です。リース契約は月額制で、毎月一定の金額を貸し出し元に支払う必要があります。そのため、経費が一定になり、経理の負担が減り、管理がしやすいなどのメリットがありますが、コピー機を一括購入するよりも、賃貸料の総量の方が多く費用がかかる難点があります。

他にリース契約の特徴としては、使用頻度が多い場合に有効なこと、契約期間は比較的長期で3年~6年ほどの期間があること・契約期間が満了するまで原則中途解約ができないこと・初期費用が無料なこと・好きなメーカーや機種の新品を自由に選べることなどが挙げられます。

また、リース契約と似た契約で、レンタル契約というものがあります。実はこの2つは契約内容が大きく異なり、その業務スタイルによって選び分ける必要があります。レンタルの特徴としては、使用頻度が少ない場合に有効なこと・約期間は比較的短期で約2年ほどで終了するためリスクが少ないこと・初期費用がかかることなどが挙げられます。

    最新WEB情報

  • 距離や時間帯に関係なく市外通話料金全国一律1分7.35円(税込)!のフリーコールスーパーを考えているなら、基本料金が0円になるので大幅なコストダウンに繋がりオススメです。

Copyright(C) 知っといて得するコピー機 All Rights Reserved.